SEEALL

2019AWからスタートした日本のブランド。
デザイナーの瀬川氏はイギリス・イタリアにて様々な経験を積み、世界の職人の技術の継承と再解釈、あらゆるサブカルチャーから着想を得たユニバーサルなもの作り、その先にある本質的な服のリアリティーを追求。
生地作りのこだわり、実現したいデザインに合わせて世界の職人達や技術をモダンに取り入れたアイテムを展開し、幅広い感性と職人的なモノ作りへの姿勢を感じるコレクション。

ものの価値のすべてを見る。
人やものの間にある見えない関係をも含んだすべて。
見えるものに働きかけて見えない関係を作り変えていくデザイン。
服が発展してきた背景にある芸術、音楽、映画、そして伝統と技術。
そのすべての相互関係を再認識するためのデザインと先にある本質的な
服のリアリティーを追求する。

Share